BLOG


太りにくい体を作る!食べ方のコツとは?

食事風景

2022年6月17日

「ダイエットをしてもすぐに体重が戻ってしまう」「リバウンドを繰り返している」といった、お悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

リバウンドを防ぐためには、食事や運動など、太りにくい体作りの習慣を身につけることが重要です。

中でも、太りにくい体になるためには、普段から「太りにくい食べ方」を意識することが大切。

今回は、太りにくい体を作るための食べ方のコツについて解説していきます。

太りにくい体になるためには?

太りにくい体作り

食べても太りにくい人の特徴として、太りにくい体質や食べ方の習慣が身についていることが挙げられます。

太りにくい体質は生まれつきのものだけではなく、これから作ることも可能です。食べ方の習慣については、太りにくい食べ方を知れば、今から誰でも実践することができます。

太りにくい体を作る!食べ方のポイント

ここからは、太りにくい体を作るための食べ方のポイントを3つご紹介します。

この簡単な3つのポイントを意識することで、太りにくい体作りに繋がります。

食事を抜かない

食事を抜かない

ダイエット中は食事制限のために、つい食事を抜きがちですが、それは太りやすい体を作る原因となります。

食事を抜くことで空腹の時間が長くなると、血糖値が急上昇し、体内でインスリンが大量に分泌されてしまうのです。

インスリンは、血中の糖分を脂肪に変えて体内に溜めこむ働きがあります。そのため、結果として食事を抜くことが太りやすい体を作る原因となります。

ダイエット中でも三食しっかり食べることが大切です。

ゆっくり噛んで食べる

ゆっくり噛んで食べる

噛む回数が多いほど、食欲を抑制するホルモンが分泌され、満腹感を得やすくなり、食べる量を減らすことができます。

また、よく噛むことで血液中に栄養素が吸収されるスピードもゆっくりになるため、血糖値の急上昇を防いで、インスリンが分泌されにくくなるのです。

噛むこと自体もカロリーを消費するため、噛む回数を増やすことで、太りにくい体作りに繋がります。

一口につき、30回以上噛むことを目指しましょう。

タンパク質を意識して摂る

タンパク質を意識して摂る

太りにくい体を作るためには、三食の栄養バランスを意識することがとても重要です。

三大栄養素である「タンパク質、炭水化物、脂質」の中で、一番太りやすいのが脂質、一番太りにくいのはタンパク質

脂質の量を減らして、タンパク質が多めのメニューにすることで、食べる量はそのままでも太りにくい食事となります。

太りにくい体作りにはタンパク質が超重要!

タンパク質は食べても太りにくいだけではなく、太りにくい体を作るためにも非常に重要な栄養素です。

太りにくい体を作るためには、適度な筋肉をつけることが大切。タンパク質は筋肉を形成する材料となります。

タンパク質は毎日コツコツ摂取する

タンパク質は毎日コツコツ摂取する

タンパク質は一日に、体重1kgあたり1gの摂取が必要と言われています。体重50kgの人であれば、一日に約50gのタンパク質が必要です。

タンパク質は一度に吸収できる量が決まっており、吸収できなかったタンパク質は体外に排出されてしまいます。

タンパク質は体内に貯蔵できないため、毎日必要な量をコツコツ摂取することが重要です。

太りにくい体作りのための新習慣「Dr.KOUSO」

Dr.KOUSO

Dr.KOUSOは大豆タンパク質×米麹のダブルパワーで、太りにくい体作りをサポートするために生まれた新しい基礎栄養食品です。

Dr.KOUSOは1杯約66kcalと低カロリーながら、約10gのタンパク質を配合。食事前にDr.KOUSOを飲むことで、余分な糖質や脂質をカットし、タンパク質を効率よく摂取できます。

Dr.KOUSOは米麹が入っているのが大きな特徴。米麹に含まれる酵素には大豆タンパク質の摂取効率をアップさせる働きがあります。

Dr.KOUSOで太りにくい体作りを目指してみませんか?

さいごに

今回は太りにくい体を作るための食べ方について解説しました。太りにくい体になるためには、太りにくい体質や食べ方の習慣を身につけることが重要です。

ダイエット中でも、三食しっかり食べて、栄養バランスに気を付けた食事を取ることが大切。

中でも、タンパク質は太りにくい体作りには必要不可欠な栄養素なので、毎日コツコツ摂取する必要があります。

太りにくい食べ方を今日から始めてみましょう。