BLOG


PFCバランスとは?ダイエット中に意識したい三大栄養素のバランス

和食

PFCバランスとは、食事における三大栄養素であるタンパク質、脂質、炭水化物の比率を指します。

ダイエット中は特に、適切な三大栄養素のバランスを意識することが大切です。

今回は、PFCバランスの基本概念やダイエット効果について詳しく解説します。

PFCバランスとは?

PFCバランスは、1日の総カロリー摂取量のうち、タンパク質、脂質、炭水化物の摂取割合のことです。

一般的には、それぞれ以下の比率で摂取することが推奨されています

  • タンパク質:15~20%
  • 脂質:20~30%
  • 炭水化物:50~60%

PFCバランスは、年齢や性別、運動量、健康状態によって推奨される割合は変化します。

ダイエット中は、脂質と炭水化物は控えめにして、タンパク質を多めに摂取することが大切です。

三大栄養素の役割と摂取方法

ここからは、三大栄養素の役割と具体的な摂取方法を説明します。

タンパク質

タンパク質

タンパク質は筋肉の修復・成長を助けるだけでなく、酵素やホルモンの生成、免疫機能の維持にも関与しています。

ダイエット中も、適度な筋肉量を維持することで、基礎代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすい体作りが行えます。

18歳以上の女性の場合、1日約50gのタンパク質摂取が推奨されています。

【おすすめのタンパク質源】

  • 鶏肉、魚、豆類
  • 卵、乳製品
  • 大豆製品(豆腐、納豆)

鶏むね肉やサーモンは高タンパク低脂肪の代表的な食品です。

これらを食事に取り入れることで、必要なタンパク質を効率よく摂取できます。

脂質

オリーブオイル

脂質は炭水化物やタンパク質と並ぶ、体のエネルギー源です。

特に、オメガ3脂肪酸やオメガ6脂肪酸といった必須脂肪酸は、心臓血管系の健康維持や抗炎症作用があります。

【おすすめの脂質源】

  • オリーブオイル、アボカド
  • ナッツ類、種子類
  • 青魚

必要量の脂質を摂取することで、悪玉コレステロールの低下や血糖値の安定化が期待できます。

炭水化物

玄米

炭水化物は身体と脳の主要なエネルギー源となります。

しかし、過剰な摂取は肥満や生活習慣病の原因となるため、質の高い炭水化物を適量摂取することが重要です。

【おすすめの炭水化物源】

  • 全粒穀物(玄米、全粒パン)
  • 野菜(根菜)、果物
  • 豆類

精製された砂糖やパン、白米などの量は抑えて、食物繊維が豊富な全粒穀物や野菜を中心に摂取するのがおすすめです。

PFCバランスを整える方法

PFCバランスを整えるためには、下記のポイントを意識しましょう。

食事内容の記録

メモ

日々の食事を記録し、摂取した栄養素を把握することで、栄養バランスの乱れにいち早く気づいて修正が可能です。

スマホのアプリなどを活用して、その日の食事内容を記録する習慣をつけましょう。

栄養バランスの良いレシピを選ぶ

メニューを考えるときには、高タンパク低脂肪のレシピや良質な炭水化物を含むレシピを選び、積極的に取り入れることが大切です。

間食の見直し

ダイエット中は、カロリーや糖質が高い間食は避けて、ナッツや果物、ヨーグルトといった低カロリー・低脂質な食品を間食として取り入れるようにしましょう。

間食を取りすぎると、一日のPFCバランスの調整が難しくなるため、食べ過ぎには注意が必要です。

PFCバランスのダイエット効果

PFCバランスを意識したダイエットは、単なるカロリー制限ダイエットに比べ、以下のようなメリットがあります。

簡単に体重を管理できる

体重計

PFCバランスを意識することで、自然と栄養バランスの取れたメニュー食べることになります。

「〇〇だけダイエット」のように一定の食品しか摂取しないダイエットとよりも、栄養バランスの取れた食事は、満腹感が持続しやすく、過食を防ぐことができます。

筋肉量を維持できる

PFCバランスを意識して一日に必要な量のタンパク質を摂取することで、筋肉量を維持しながら、効率的に痩せやすい体作りが実現できます。

病気を予防する

ダイエット中の過度な食事制限は、栄養不足の原因となり、免疫力の低下や貧血といった体調不良に繋がります。

しかし、PFCバランスを参考に、良質な脂質と炭水化物を摂取することで、健康的なダイエットが行えます。

また、ダイエットだけでなく、PFCバランスを意識した食事によって、心臓病や糖尿病などの生活習慣病のリスクも下げることができます。

PFCバランスの調節に役立つ「Dr.KOUSO」

Dr.KOUSO

Dr.KOUSOは大豆タンパク質×米麹のダブルパワーで、忙しい女性の美容・健康面をサポートするために生まれた新しい基礎栄養食品です。

Dr.KOUSOは30種類以上の酵素を含む「米麹」を配合したソイプロテインです。

米麹に含まれるビタミンB群や食物繊維の働きによって、ダイエット中もインナーケアをサポートします。

1杯で10g以上のタンパク質が摂取できるため、食事だけでは不足しがちなタンパク質をしっかり補給できます。

人工甘味料・保存料は不使用、米麹の自然な甘さだけで誰でも飲みやすいプロテインに仕上げています。

まとめ

PFCバランスを意識した食事によって、効率的なダイエットが行えます。

タンパク質、脂質、炭水化物の適切な比率を保つことで、満腹感を持続させ、筋肉量を維持することが可能です。

日々の食事の記録や栄養バランスの良い食品選びを意識して、効果的なPFCバランスダイエットに取り組みましょう。